« 虚しい気持ち | トップページ | お騒がせしました・・・わたくし »

2010年2月21日 (日)

父の命日

Kc3g0130

今日は父の命日。

当時、病室の窓から、河川敷での冬まつりの雪像作りが見えました。

雪像が完成に近づくにつれ、父の容態は悪化し

冬まつり本番を迎えた頃、すでにこん睡状態でした。

それ以来、冬まつりの季節になると、

あの頃のせつない気持ちが甦り、会場に行くこともありませんでした。

それが何故か、3年前から冬まつりでの「しばれ火」をすることになるとは・・・

燃える薪の炎を見ながら思います。

父もどこかで仲間たちと見に来ていると・・・

日中ひとりでいる母のために

少しは気が紛れるかなと思い、相談なしで猫を飼いました。

今も母が季節ごとにハギレで首輪を作ってくれます。

そのちゃびも今年15歳になります。

Kc3g0067

             

               クリックしてね・・・☛ 人気ブログランキングへ

|

« 虚しい気持ち | トップページ | お騒がせしました・・・わたくし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アルファマさんへ
ありがとうございます。さっそく拝見させていただきました。悲しい涙とはまた別の涙がでちゃいますね。心が洗われていくような気がします。

投稿: ちゃび | 2010年2月21日 (日) 23時36分

お父様のご冥福をお祈りいたします。
きっと、天国から「火」を見つめてくれていると思います。
ボクも、身近な人をなくした経験がありますが、せつなくなったときは、これを見ると、また頑張ろうと思えます。
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6468

投稿: アルファマ | 2010年2月21日 (日) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1306286/33469900

この記事へのトラックバック一覧です: 父の命日:

« 虚しい気持ち | トップページ | お騒がせしました・・・わたくし »